吉原正明先生の「レユニオン島」ツアー報告セミナー
2017/02/01 17:54
吉原先生の「レユニオン島」ツアー報告セミナー
2017/01/23 04:17
山科植物資料館見学会PHOTO(2)
2016/06/05 10:24
山科植物資料館見学会PHOTO(1)
2016/06/05 09:50
日本新薬・山科植物資料館見学会
2016/05/05 09:31

エントリー

吉原先生の「レユニオン島」ツアー報告セミナー

レユニオン(Reunion)はフランス共和国の海外県ならびに海外地域圏(レジオン)です。マダガスカル島東方のインド洋上に浮かぶ九州ほどの面積の島、人口約84万6千人。日本人にはお隣のモーリシャス島の方が有名でしょうか。香りの王国フランスでは、様々な精油の原料をここで栽培し、質の良いバニラとゼラニウムを生産しています、とくにゼラニウム・ブルボンはこの島の最高級品。その栽培場や蒸留工場を視察してこられた吉原先生をお招きして楽しいセミナーを開催します。ぜひ、ご参加ください!

テーマ
吉原先生の「レユニオン島」ツアー報告セミナー
日 時
2017年2月1日(水)
時 間
13:30~15:30
(受付13:00より)
会 場
AP大阪 3F 地下鉄御堂筋線淀屋橋
申込締切
2017年1月30日

講師 香りのナチュラリスト・元パフューマー吉原正明先生のプロフィール

1963年甲南大学理学部化学科卒業後、塩野香料(株)にて香料の合成・分析に従事し、1967年3月からグラースとジュネーブで香料調合研修。以後、香粧品香料の開発に従事。1999年までの33年間、調香師として化粧品香料、トイレタリー製品香料、芳香剤用香料などを開発、花の香気成分分析、嗜好調査なども行い開発部門、製造部門の責任者を務める。塩野香料退職後は自然観測のp旅行がご趣味。 日本を代表する「香りの博物学者」である。著書「最新香料の事典」共同執筆 朝倉書店刊「一億人の化学18、お化粧と科学」日本化学概論編 大日本図書

主催:山本淑子ハーブ・アロマアカデミー 国際アロマテラピー学術協会
事務局:アロマラボ㈱ 大阪市中央区伏見町3-2-8 TEL0120-170802 FAX 06-6226-1877
MAIL info@aromalab.co.jp  URL http://aromalab.co.jp/

日本新薬・山科植物資料館見学会

ハーブ・薬草見学会

日時
2016年5月26日(木)13:00~15:00
見学先
日本新薬㈱山科植物資料館
集合先
JR山科駅 12時30分集合 ●時間厳守
参加費
不要
申し込み
06-6121-6781 山本まで5月12日までにお申込みお願いします。
日本新薬の方が植物園を案内・説明して下さいます。

Nippon Shinyaku, Yamashina visites guidées du musée de la plante
■ Date et heure: 26 mai 2016 (jeudi) 13:00-à-15h00
■ Tour destination: Nippon Shinyaku Co., musée de l'usine Ltd Yamashina
■ set destination: station Yamashina JR 12 heures 15 minutes ● définir la ponctualité
■ Admission: inutile
■ Application: La demande doit être adressée au jusqu'au 12 mai, 06-6121-6781 Yamamoto.
URL http://www.nippon-shinyaku.co.jp/herb/yamashina/info.html

第一回アロマフレグランスコンテスト

数多くの応募作品の中から以下の5名が入賞となりました。
作品名:甘い夢 作品名:Madagascar.de.la.terre
(マダガスカルの大地)
作品名:雅 作品名:寛ぎ 作品名:アンジェリカ
金沢 治子 千手 成子 江野畑 真弓 神木 宜子 小山 典子

軽い香りでいつでもつけられるイメージ。それでも、チャーミング、気品は忘れたくない、ちょっとウキウキした気持ちも感じてほしい香り。

ウッディ系の精油でマアガスカル島のシンボルツリーであるバオバブを表現。

マダガスカル島のイランイランエクストラと、バニラのような香りのトゥルーバルサムを加え、甘さを表現し、愛をもって大きく優しくつつみ込んでくれる大自然の大地を表現しました。

好きな花の香りのひとつ“クチナシ”。クチナシの花言葉は、「喜びを運ぶ」

「優雅」「洗練」。

この花を表現できたら…と作品にしました。

血行促進作用が期待できるベチパー。甘い香りを持ち、皮膚の若返りにも役立つ優れたオイルはパチュリ、突然のショックをも癒すネロリ、レモンは幸福感を高めると共に、明るく爽やかな香りで、免疫力強化にも役立ちます。ラベンダーは特に不眠と不安には効果的な特徴を持っています。深呼吸をしている様な心も体ものんびりとほっこりして気を楽にさせる香りが、会話やその場の雰囲気に役立つことが出来ればと思って作成しました。

身体や心が疲れた時に、元気を取り戻して頂けるようにと、亡き妹と始めた 『癒しの隠れ家ホリスティックサロン・アンジェリカ』。

それをイメージして、香ると涼やかで、気持ちがホッと落ち着き、元気が溢れ出てくるようにとの思いを込めて作りました。

第5回セミナーのお知らせ

『医療現場のアロマテラピー』

日時
2015年3月7日(土)受付13:00 講演13:20~15:00
講師
看護師 淡海 貴子(たんかいたかこ)
帝人在宅医療株式会社 喜志訪問看護ステーション
訪問看護師・呼吸療法認定士として訪問看護の現場で働いています。
呼吸器疾患や寝たきりの方への去痰困難のケアはとても重要ですが、とても難しく、油断すれ ば体調悪化の危険があります。
そのケアにアロマセラピーを利用することで、患者家族・ケアスタッフが楽しく体調管理がで きるのではないかと活動してきました。
今回1症例をアロマセラピー学会で発表しましたのでその報告と、私の訪問看護でのアロマ体験 を聞いていただければと思います。
会場
AP大阪
 
  • 地下鉄御堂筋線または京阪電車『淀屋橋駅』徒歩3分、
  • 地下から直結真上にある京阪淀屋橋ビル
受講料
EIAJ会員 無料 会員以外 2,000円 学生 500円
当日、受付にてお支払ください。(当日は、EIAJ会員の入会手続きも受け付けております。)
 
主催:国際アロマテラピー学術協会 大阪市中央区伏見町3-2-8 TEL.06-6121-6781

2013年「ピエール・フランコム」メディカルアロマテラピー特別セミナー

日 程
10月20日(日)
時間
10:00~16:00
場所
北浜ビジネス会館
受講料
国際アロマテラピー学術協会会員:¥12,000
事前申込:¥19,000
学生割引料金(学生証提示):¥3,000
当日参加者:¥22,000
懇親会
  • 会場:ルポンドシエル
  • 住所:大阪市中央区北浜東6-9
  • 会費:¥8400【税込】
  • アクセス:地下鉄谷町線・京阪電車 天満橋駅14番出口より徒歩5分
    地下鉄堺筋線・京阪電車 北浜駅30出口より徒歩5分
詳細ページ
http://eiaj.net/event/20131020.html

富良野のラベンダー蒸溜体験

EIAJプロジェクト

EIAJプロジェクト

この度、EIAJプロジェクトを推進する運びとなりました

活動内容

国際アロマテラピー学術協会、及び山本淑子ハーブ・アロマアカデミーへのサポート全般

  • インストラクター、講師のウェブサポート(スマートフォン、タブレットPC講座、ホームページ作成等)
  • ネット上に於けるアロマトロジスト等商標権無断使用の取締の強化
  • 蒸溜体験等のイベントの企画、実施
  • その他
EIAJプロジェクトに参加ご希望の方は問い合わせフォームからご連絡下さい。

第2回~ハーブ有用植物見学会~

日  時:
2012年5月12日(土)10時~
開催場所 :
京都・宇治市植物公園
集合場所:
入園受付前
参 加 費:
入園料のみ(当日の人数によって決定致します)
講  師:
本間和枝先生(宇治市植物公園園長) 山本淑子先生(山本淑子ハーブ・アロマアカデミー校長)
お申込み方法:
下記お申込書をご記入の上、FAXまたはご郵送くださいませ。

※お申込みはEIAJ会員様に限らせていただきます。
ご入会と同時にイベントお申込みも受付けております。
お問合せ先:EIAJ事務局 大阪市中央区伏見町3-2-8(アロマラボ内)TEL:06-6226-1894 FAX:06-6226-1877

第1回 ~ハーブと料理を楽しむ会

日  時 : 
2012年4月12日(木)13:30~
開催場所 : 
イタリアンバール・コッタコッタ 大阪市中央区高麗橋2-3-5柳湖堂ビルB1F
参 加 費 : 
2,000円(EIAJ会員価格)
講  師 : 
山本淑子先生(山本淑子ハーブ・アロマアカデミー校長)

※参加費はお申込み後一週間以内にお振込みをお願い致します。

お振込先:ゆうちょ銀行 00910-4-304757 国際アロマテラピー学術協会

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

カテゴリー

Feed

ユーザー

Copyright(C)EIAJ:Ecole Internationale d'Aromatherapie au Japan. All rights reserved.